FX Android アプリ(ウィジェット)でFX取引が快適に!

Android ロゴ 日本でもスマートフォンの利用者が急増しています。
携帯電話各社がAndroidスマートフォンを複数機種投入したことでユーザーの選択肢が増え、普及に弾みがついています。

これまでスマートフォンといえばiPhoneを指すほどiPhoneの一人勝ちでしたが、日本でもAndroidユーザーの増加が見込まれます


AndroidスマートフォンもiPhoneと同様に専用のアプリが多数用意されています。
iPhoneが「App Store」からダウンロードできるのと同じようにAndroidにも「Android Market」があり、有料・無料のアプリケーションをダウンロードできます。

Androidスマートフォン向けのFX取引アプリを提供するFX取引会社も出てきました。
Android FXアプリを提供する業者はまだ少数ですが、
iPhoneFXアプリを提供する取引会社が徐々にAndroid対応を進めています。

下記に正式にAndroidアプリを提供しているFX業者を紹介します

FX Androidアプリを提供するFX会社はこちら

1位

YJFX! Android Cymo

YJFX! Android Cymo

YJFX!がAndroid向けFX取引アプリAndroid Cymo」がバージョンアップしました。
YJFX!】はiPhone用FXアプリ「iPhone Cymo」に続いてもう一つのスマートフォンAndroid向けに「Android Cymo」を提供していました。

「Android Cymo」は「iPhone Cymo」同様タッチスクリーンによる直感的な操作でリアルタイム注文できるほか、3種類のプライスボードが用意され注目する通貨ペアをカストマイズしたり、最新の相場情報をチェックするマーケット最新ニュースへもアクセス出来ます。
バージョンアップでチャート機能が強化され、移動平均線やボリンジャーバンドだけでなく、本格的なテクニカル分析機能も組み込まれました。
Android端末の特徴であるウィジェット機能を使ってホーム画面にレートやチャートを常に表示させておくことも可能!
「Android Cymo」はAndroidユーザー必携のFXアプリ!

詳細はこちらから

YJFX!「外貨ex」取引概要
取引手数料:無料
米ドル円スプレッド:原則固定0.4銭
レバレッジ:1〜25倍(個人)
最小取引証拠金:4%

2位

GMOクリック証券 FX neo 【FXroid】

クリック証券 fxroid

GMOクリック証券のAndroidアプリ「FXroid」はAndroidスマートフォンの快適な操作性を活かしたFX取引ツールです。
「FXroid」はPCに匹敵する高機能チャートや取引タイミングを逃さない1タップで新規・決済・ドテン・同一通貨の全決済注文が行えるスピード注文機能を備えます。
通貨スプレッド原則固定で米ドル円スプレッドが0.3銭と業界最安値水準の「GMOクリック証券FX」は取引コストが安いうえに、iPhoneやAndroid専用アプリを提供しています。
使いやすさでは定評のあるGMOクリック証券の新取引ツール「FXroid」

詳細はこちらから

GMOクリック証券FX 取引概要
取引手数料:無料 / 最小取引単位:10,000通貨
米ドル円スプレッド:0.3銭(原則固定) / レバレッジ:最大25倍
最小取引証拠金:無し(取引額の4%)

3位

IGマーケッツ証券(旧FX online japan)

IGマーケッツ証券 PureDeal取り引きツール

オリコンのFX顧客満足度調査で2年連続総合1位にランキングされた「IGマーケッツ証券」は、取引システムの安定性やネット接続の良さが評価されました。
IGマーケッツ証券が提供する取り引きツール「PureDeal」は顧客の利益を最大化するトレーリングストップやプライス最適化機能を提供するほか、安定した取引環境を提供するため強固なシステムを構築しています。
取引ツール「PureDeal」はPC用だけでなくiPhoneやAndroidスマートフォンの画面タッチ機能を活かしたインタフェースも用意されています。
PureDealはブラウザ対応型のため専用ソフトをダウンロードする必要は無く、AndroidスマートフォンからでもPC版と同様の取引環境を提供します。

詳細はこちらから

IGマーケッツ証券 取引概要
取引手数料:無料/最小取引単位:10,000通貨
米ドル円スプレッド:0.9銭(原則固定)
レバレッジ:最大25倍(4%)

※各社のサービス内容は変更されることがあります、かならず公式サイトをご確認ください。